FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲「マジックの卓上にも、嶺上開花の花が咲く!」

お久しぶりです
広告表示されて焦っております
モンハンしててサボっていたので言い訳の余地もございません

久しぶりの更新ですがmtgの方です
普通の方はできたらクリスマスにクリスマステーマの短編あげたいですね

前回まで
和のデッキ借りてやってみたら沼にはまってしまった咲がデッキを作るお話

ーーー

咲「デッキかあ、どうやって作ったらいいのかな」

和「マナカーブとか土地枚数とかいろいろありますが、とりあえずはまずフォーマットを決めるひつようがありますね」

咲「フォーマット」

優希「格闘技の階級みたいなもんだじょ。マジックの歴史は長いから、昔から見るととんでもない数のカードや、社長室に呼ばれて怒られるレベルの壊れカードもある。もしそれがずっと使用可能だったとしたら新しいカードもそれに対抗できるレベルで強くしなくちゃいけないから、使えるカードの種類ごとに階級がわけられてるんだじぇ」

和「まず最も競技人口の多いスタンダード。これは直近二年間のカードのみで構成されるフォーマットです」

咲「直近ってことは、新しいのが出たら古いのは使えなくなるの?」

和「ええ、ブロックと言われるエキスパンション、パックの区切りがあるんですが、これが切り替わるとそれまで使ってたブロックのうち一番古いものは使えなくなります」

咲「てことはすぐに使えなくなっちゃうカードばっかなんだね」

優希「まあといっても一つのカードが二年使えるわけだから想像しているよりは長いじょ。他のカードゲームだって新しいパックごとに環境デッキを作ってたらかなり金かかるしな」

和「次にエクステンデッドですが、現在は主流じゃないのでこれは飛ばしてモダンですね」

咲「さっきやってたのがそれだっけ」

優希「ああ、これは2003年のミラディンブロック以降のカードが使える。以降だから、新しいカードが出ても使えなくなることはない」

咲「じゃあこっちのほうがいいんじゃないの?」

和「まあそうなんですが、ただ今ではすられていないカードが必要になることが多いので初期投資がスタンダードよりも高くなります。一応、次に説明するレガシーと違っていつかは採録するカードのみなのが救いですが」

咲「でもスタンダードで毎年新しいデッキ作ってたらさらにお金かからない?」

優希「そういうこと考えてモダンに参入するプレーヤーも少なくないけれど、基本的にはスタンダード落ちしたカードがたっぷりあるけど、スタンじゃ使えないからもったいないって人のためのものだな」

咲「あっ、なるほど。モダンがないとスタンダードから落ちたカードは意味がなくなっちゃうもんね」

和「で、さきほど名前だけあげたレガシー。これはマジックの初期からのカードが一部例外除いてすべて使えます」

咲「すごい種類が多そうだね。一部例外ってのは?」

和「カードデザインする人たちも人間ですから、時々強すぎるカードを作ってしまうことがあります。そういったカードが使えたら競技性が損なわれてしまうから使用を禁止しているんです」

優希「カードプールが広い分強力なカードが多いから面白いんだが、モダンよりさらに値段が上がってしまうのが難点だな。しかもこれには採録禁止カードも多い」

咲「採録禁止?」

優希「数万円するカードも再販してばらまかれたら価値が暴落してしまい、カードショップが被害をこうむるからな。カードショップとの付き合いを大切にするウィザーズ社ならではの決まりだじょ」

咲「へー。ちなみに高いってどれくらいかかるの?」

優希「ものにもよるが3~40万くらいが基本かな」

咲「ふぇ!?」

和「だからこれは初期のころからやっていた人か、お金に余裕のある社会人用のフォーマットですね」

優希「最後にヴィンテージがあるが、これはまあ、うん。さらに桁があがるから気にしなくていい」

咲「そ、そうなんだ」

優希「外車をテーブルに広げて遊ぶようなもんだじょ」

和「普段ならとりあえずはスタンを勧めるんですが、今はスタンのデッキでもかなりお金がかかることが多いんですよね」

優希「フェッチとハンガーパックはまずどこでも使うからこれだけで3万くらいになるし、色によってはさらにかかるからなあ。ジェイスなんて一枚一万にまで上がったし」

和「もちろん安いデッキもありますけどね。ただそういうわけでどうせかなりかかるならいっそモダンに入るという選択肢もあるにはありますね。ただこちらもものによってはかなりの高額カードを使うことになりますが」

優希「瞬唱タルモうっ頭が」

咲「なるほど。どうしようかなあ」

和「まあ一番は使いたいデッキがあるかどうかだと思いますよ。さすがにレガシーはやめといたほうがいいと思いますが」

咲「使いたいデッキかあ」

和「とりあえず有名なデッキ適当に何個か教えましょうか」

一週間後

咲「和ちゃん、カードが届いたから私も遊べるようになったよ」

和「それはなによりです。さて、では早速やってみます?」

咲「うん、おねがい!」

和「フォーマットはどうしたんです?」

咲「ピンときたのがあったからモダンにしたんだ」

和「ふむ。では咲さんがピンときたデッキを拝見させていただきましょうか」

咲 vs 和 フォーマット:モダン

咲「ダイスで勝ったから先行はもらうね。えっと、マナの合流点を置いて、血清の幻視を使いたいな」

和「どうぞ(合流点で幻視、4~5色のコンボデッキですかね。あるいは安いから合流点を使用している可能性もなくはないですが)」

咲「ドローして、占術2。うーん、どっちも下かなあ。おしまい」


場:
土地:マナの合流点(t)
手札:6
ライフ:19


場:
土地:
手札:7
ライフ:20


和「ではドロー。空の遺跡、エメリアをタップインして、ゴー」


場:
土地:マナの合流点(t)
手札:6
ライフ:19


場:
土地:エメリア(t)
手札:7
ライフ:20

咲「私のターン。アンタップ、アップキープ、ドロー。ううん占術したのに引けないかあ。仕方ない。合流点の青マナから手練を使って、こっちを手札に。森を置いてエンドだよ」

和(森、シミックカラー+α?幻視と手練を両方採用してシミックベースということはもしかして)


場:
土地:マナの合流点(t)、森
手札:6
ライフ:18


場:
土地:エメリア(t)
手札:7

和「私のターン、アンタップ、アップキープ、ドロー。(もし私の予想が合っているとしたら、相性は絶望的ですね。妨害手段はメインからは少ないですし、なによりエメリアは遅いのでコンボ成立まで待たせてしまう。白単のヘビーコントロール型でないだけまだマシと考えましょう)」

和「ドローは悪くないですね。神聖なる泉をショックインして2マナでスレイベンの守護者、サリアをプレイ。ゴー」


場:
土地:マナの合流点(t)、森
手札:6
ライフ:18


場:サリア
土地:エメリア、神聖なる泉(t)
手札:6
ライフ:18

咲「じゃあターンをもらうね。ドロー(サリアかあ、私のデッキクリーチャーほとんどはいってないんだよなあ)。やっときた。宝石鉱山を出して、青がないうちに2マナで精力の護符を置きたいな」

和「どうぞ(やはり護符でしたか)」

咲「じゃあ、エンド」


場:精力の護符
土地:宝石鉱山(2)、森(t)
マナの合流点
手札:5
ライフ:18


場:サリア
土地:エメリア、神聖なる泉(t)
手札:6
ライフ:18

和「私のターン、ドロー(さて、どうしましょうか。メインでは護符に触れないんですよね。下手したら次のターンにコンボ成立なんてこともありえますが、かといってこのまま消極的にしていても結局は同じですね。クロックを増やしていきましょう)。ひとまずサリアでコンバット」

咲「うけるね」

和「メイン2に白2マナから、白蘭の騎士を出します。通ればそのまま効果で神聖なる泉をショックイン。手札から平地を置いて、ゴー」


場:精力の護符
土地:宝石鉱山(2)、森(t)
マナの合流点
手札:5
ライフ:16


場:サリア、白蘭の騎士
土地:エメリア、神聖なる泉(t)
   平地、神聖なる泉
手札:5
ライフ:16

咲「じゃあ私のターン。アンタップ、アップキープからドローして。うん、じゃあ宝石鉱山と森から花盛りの夏を唱えたいな」

和「さすがに通せませんね。呪文嵌めで」

咲「ああそっか、わざわざショックインしたんだし持ってるよね。ううん、じゃあ微光地を置いてエンドかな」


場:精力の護符
土地:宝石鉱山(1)、森(t)
マナの合流点、微光地
手札:4
ライフ:17


場:サリア、白蘭の騎士
土地:エメリア、神聖なる泉(t)
   平地、神聖なる泉
手札:5
ライフ:16

和「私のターン、アンタップ、アップキープ、ドロー。(危ないところでしたね。スネアを握ってなかったらどうなっていたことか)ひとまずコンバット入って二体で殴ります」

咲「はい」

和「メイン2に大草原の川をタップインして、ゴー」


場:精力の護符
土地:宝石鉱山(1)、森(t)
マナの合流点、微光地
手札:4
ライフ:13


場:サリア、白蘭の騎士
土地:エメリア、神聖なる泉、平地、神聖なる泉
   大草原の川(t)
手札:5
ライフ:16

咲「じゃあ私のターン。シミックの成長室をだすね。護符でアンタップして、宝石鉱山を戻して、エンド」

和「エンド時に修復の天使を出したいです」

咲「どうぞ」

和「では出して、意味はありませんがサリアをブリンクしておきましょうか」


場:精力の護符
土地:マナの合流点、森、シミックの成長室、微光地
手札:5
ライフ:13


場:サリア、白蘭の騎士、修復の天使
土地:エメリア、神聖なる泉、平地、神聖なる泉
   大草原の川(t)
手札:5
ライフ:16

和「では私のターン(クロックはなんとか間に合いそうですね)。まずはコンバットで古パン」

咲「うけるね。7点かあ、結構いたいな」

和「メイン2に想起コストで熟考漂いをプレイして2ドローして、平地を置いてゴー(このままなら次のターンで終わりますね)」


場:精力の護符
土地:マナの合流点、森、シミックの成長室、微光地
手札:5
ライフ:6


場:サリア、白蘭の騎士、修復の天使
土地:エメリア、平地、神聖なる泉(t)
   大草原の川、神聖なる泉、平地
手札:5
ライフ:16

咲「……私のターン、アンタップ、アップキープ(わざわざ想起で唱えてマナを残したっていうことは、つまりそういうことだよね。次のドロー次第かな)ドロー」

咲「……!」ゴッ

和(花盛りにしろ梓にしろ差し戻しで耐えられますが果たして)

咲「森と成長室からサリアの分を含めた3マナ、花盛りの夏!」

和「させません。3マナで差し戻し」

咲「うん、わかってた。でも、マナの合流点からマナを出して、否定の契約!」

和「く、通ります……」

咲「スタッグの末に花盛りの夏が着地!」

―森林限界を超えた高い山の上にも、盛りの夏が訪れるー

咲「土地のプレイ回数が4回に!セレズニアの聖域を出して成長室を戻すよ。そして成長室を改めて出すね。護符でアンタップイン、マナを出したらそのまま自身を戻すよ。二回目の、成長室。同じくマナを出して手札に戻してから、最後の土地のプレイ権利をつかって、もいっこ、成長室!」

―嶺に咲く、花のようにー

咲「聖域から2マナを出して7マナで集団意識!1マナで召喚士の契約、原始のタイタンをサーチ!」

和「そして、集団意識で私も召喚士の契約をコピーしますが、次のアップキープに緑マナが払えず契約の不履行により敗北、ですね。ありがとうございました」

咲「ありがとうございました!」

勝者:宮永咲
和「お疲れさまでした。見事に決まりましたね」

咲「えへへ、でも最後に否定の契約を引かなかったら負けてたし運で勝っちゃったかな」

和「それなら序盤ぐだってましたし、私もよどみなくクロック出せてましたしお互い様ですよ」

咲「そ、そうかな」

和「しかし、Amulet Bloomとは」

咲「デッキ名を見てこれしかないって思ったんだ」

和「ふふ、見事にフィールドに花を咲かせましたね」

咲「ねえ、和ちゃん。自分でデッキを組んで、そのデッキでゲームするのってこんなに楽しいんだね」

和「ええ、それがTCGの醍醐味です」

咲「うん。MTGって楽しいね。一緒に楽しもうよ!」

To be continued
ーーー
次回予告
ついに沼にはまってしまった咲
これで全員が沼に落ちた一年生トリオだが
マジックプレイヤーはそれだけではなかった……

余談ですが今回の和の青白エメリアは私が最近作ったデッキですね
バトランによりエメリアが色タッチしやすくなり、さらにヴィダルケンの枷と共存させられるようになりましたので
それをベースにヴィダルケンとコンボできる修復の天使、それと相性のいいcipを詰め込んだボードコントロールです
サリアの関係で本来はメインに打ち消しありませんがそこはまあはい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。