FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲「マジック・ザ・ギャザリング!」

いろいろあって大分期間が空いてしまいましたが
咲mtgの続編です
テキストを入れた方がいいんじゃないかのご指摘がありましたので
カード名にテキストのリンクをはることにしました

次回でプロローグ的なのは終わりますので
このキャラが見たいなんてリクエストありましたらお気軽にどうぞ
そのキャラらしいデッキが思い浮かんだら書きます

ーーー

前回まで
和と優希がMTGするところを観戦して、咲も興味が湧いてきた。

優希「ま、だいたいのルールはこんなもんだじょ」

咲「う、うん。なんとなくわかった」

和「まああと細かいところはやりながら覚えていってもらえれば十分ですし、とりあえずはこれでプレイに問題はないかと」

優希「じゃあ、早速やってみるじぇ」

咲「え?でも私カード持ってないよ?」

和「私のデッキをお貸しします。さっき使っていたコントロールよりはこちらですかね」

咲「えっと?」

和「ああ、簡単に使い方を説明しますね。そのあとはやりながら私が後ろからアドバイスを出します」

――

優希「お、もう準備できたか」

咲「なんとなくだけど、うん」

優希「習うより慣れろ。とりあえずやってみるのが一番だじぇ」

和「サイドチェンジはまだわからないと思いますので、サイドなしの一本勝負で」

優希「おーけーだじょ。先攻は譲るじぇ」

和「では始めましょうか」

咲(&和) vs 優希 フォーマット:モダン

咲「えっと、まず七枚めくって……」

優希「私も七枚」

和「では次はマリガンチェックですね」

咲「マリガン?」

優希「引いた七枚を見て、不満があったらデッキに戻して引きなおすんだ」

咲「そんなことができるの?」

和「もちろんデメリットもあります。マリガンは一回するたびに引く枚数が一枚減っていきます」

優希「うむ。下手にマリガンして枚数減らして今よりさらに悪い手札になったら目も当てられないからな。マリガンするかどうかの選択は大事だじぇ」

咲「なるほど。私の手札は」

悪臭の荒野
神無き祭殿
平地
思考囲い
流刑への道
苦花
未練ある魂

咲(えっと、土地に困ることはなさそうだし1~3ターン目までちゃんと動けるから)

咲「キープで」

優希「私はマリガンさせてもらうじょ。……っと六枚。うん、キープだ」

和「正式にはまだ採用されてませんが、占術1してもかまいませんよ」

優希「じゃあお言葉に甘えて。ボトムで」

咲「占術?」

和「占術Xで、X枚の枚数デッキをめくっていらないカードをデッキの一番下に送り、残ったカードをデッキの上に好きな順番で並べることです。基本的にはカードの効果で行うものなんですが」

優希「大好評予約受付中の戦乱のゼンディカー発売以降は、マリガンしてキープ宣言をしたあとに占術1を行ってもよいルールが追加されたんだ」

和「戦乱のゼンディカーは10/2発売予定です。前回のゼンディカー同様にお宝カードとしてフルアートホイルのフェッチランドやショックランドが封入されている可能性もあります」

優希「それだけでなく新規ミシュラランドや、色マナを使いながらも無色として扱う欠色など楽しみな要素満載」

和「これは買うしかありませんね」

優希「さて、じゃあマリガンも済んだところでゲームを始めるじょ」

咲「う、うん。ええと神無き祭殿を出しておわり」

和「あ、ちょっと待ってください。最初はライフを払うのに抵抗があるかもしれませんが、動けるのならばライフを払ってでもアンタップインしたほうがいいですよ」

優希「ライフはリソースって言葉もあるくらいだからな」

咲「じゃ、じゃあ2点払って神無き祭殿を出してから、思考囲いを打ちます」

優希「いい動きだじぇ」

優希の手札
ハーダの自由刃
ガザンドゥの刃の達人
カビーラの福音者
稲妻
魂の洞窟
寺院の庭

咲「あれ?さっき見たカードじゃないのがいっぱい」

優希「デッキを変えたからな。咲ちゃんはこれが初めてだし、カジュアルなののほうがいいと思ってな」

和「戦乱のゼンディカーで強化される同盟者、ですね」

咲「カードがわからないから見せてもらっていいかな」

優希「もちろんだじぇ。じっくり見るといい」

咲「ふんふむ……。じゃあこのハーダの自由刃を捨ててもらおうかな」

優希「痛いところぬかれたじぇ」


場:
土地:神無き祭殿(t)
手札:5
ライフ:16

優希
場:
土地:
手札:5
ライフ:20

優希「私のターン、だな。ドロー。引けなかったな。寺院の庭をタップインでエンド」


場:
土地:神無き祭殿(t)
手札:5
ライフ:16

優希
場:
土地:寺院の庭(t)
手札:5
ライフ:20

咲「アンタップインしないってことは、出せるカードがないってことかな?」

和「そうでしょうね。さきほど囲いでハーダを落としたので手札に1マナクリーチャーがなくなり、それを補完するカードが引けなかったのでしょう」

咲「なるほど。私のターン。ドロー」

和「アンタップとアップキープを忘れてますよ」

咲「あっ、そうだった」

優希「慣れるまでは忘れちゃうよなーこれ」

咲「改めて、ドロー」

和(ドローは真面目な訪問者、ソリンですか)

咲「悪臭の荒野を置いて、二マナで苦花を出すね」

優希「ローウィン時代の2キルを思いだすじぇ……」

咲「うん、私のターンはおしまい」


場:苦花
土地:神無き祭殿、悪臭の荒野(t)
手札:4
ライフ:16

優希
場:
土地:寺院の庭(t)
手札:5
ライフ:20

優希「私のターン。アンタップ、アップキープ、ドロー。魂の洞窟を人間指定で出して白二マナでカザンドゥの刃の達人を出すじょ。効果で+1/+1カウンターつけて、エンド」


場:苦花
土地:神無き祭殿、悪臭の荒野(t)
手札:4
ライフ:16

優希
場:カザンドゥの刃の達人(+1)
土地:寺院の庭、魂の洞窟(t)
手札:4
ライフ:20

咲「私のターン。アンタップ、アップキープ、ドロー。で、いいんだよね?」

和「はい。ただ今回は苦花があるのでアップキープに1点払ってトークンが出ます」

和(ドローは清浄の名誉。いいですね)

咲(ええと、召喚酔いがあるから先にこっちだよね)

咲「平地を置いてから3マナで未練ある魂を使って、エンド」


場:苦花、フェアリートークン、スピリットトークン×2
土地:平地、神無き祭殿、悪臭の荒野(t)
手札:3
ライフ:15

優希
場:カザンドゥの刃の達人(+1)
土地:寺院の庭、魂の洞窟(t)
手札:4
ライフ:20

優希「私のターン。踏み鳴らされる地をアンタップインして洞窟の赤マナからアク―ムの戦歌い。効果で+1/+0を持たせる。さらに同盟者が出たことによりカザンドゥにカウンターがのるじぇ。そのままカザンドゥで攻撃」

咲(えっと今は4/3警戒先制攻撃。つまりブロックしても倒せないから)

咲「受けるね」

優希「エンド」


場:苦花、フェアリートークン、スピリットトークン×2
土地:平地、神無き祭殿、悪臭の荒野(t)
手札:3
ライフ:11

優希
場:カザンドゥの刃の達人(+2)、アク―ムの戦歌い
土地:寺院の庭、魂の洞窟(t)
   踏み鳴らされる地
手札:3
ライフ:18

咲「私のターン。アンタップ、アップキープに苦花効果発動して、ドロー」

咲(孤立した礼拝堂。土地が来たから4マナ使えるんだよね。ってことは)

咲「孤立した礼拝堂を置いて二マナで清浄の名誉を出して、さらに残った二マナで未練ある魂をフラッシュバックするよ」

優希「これが初めてとは思えないくらいに使いこなしてるな」

和「ちゃんと有効にマナを使ってますね」

咲「じゃあ、戦闘に移るね。召喚酔いしてないトークンで攻撃」

優希「受けるじょ」

咲「エンド」

優希「エンド時に稲妻を咲ちゃんにうつじぇ」


場:苦花、清浄の名誉
フェアリートークン、スピリットトークン×2(t)
フェアリートークン、スピリットトークン×2
土地:平地、神無き祭殿、悪臭の荒野、孤立した礼拝堂(t)
手札:3
ライフ:7

優希
場:カザンドゥの刃の達人(+2)、アク―ムの戦歌い
土地:寺院の庭、魂の洞窟(t)、
   踏み鳴らされる地
手札:2
ライフ:13

優希「きびしいな。アンタップ、アップキープ、ドロー。……いや、いけそうだじぇ!変わり谷を置いてから、洞窟のから白マナを出して三マナでカビーラの福音者をだすじぇ。効果でプロテクション白を同盟者に。そしてカザンドゥにトークンが乗って戦歌いで+1/+0がつく。そして寺院の庭から白マナを出して流刑への道。対象はタップされてないフェアリートークン」

和「ここで流刑を引き当てましたか……」

優希「そしてコンバットだじぇ。カザンドゥと戦歌いで攻撃」

咲「えっと、今カザンドゥは3つ乗って戦歌いでパワー上がって5点、戦歌いは2点だから。ブロックしないと負けちゃうね。トークンでブロック」

和「ああ、すいません説明がまだでしたね。プロテクション白がついていますのでスピリットトークンではブロックできません」

優希「プロテクションっていうのは簡単にいうと指定されたカードの対象にならず、ダメージを受けずブロックされないって効果だじぇ」

咲「ていうことはブロックできず7点通って、私の負けってことなのかな」

和「そうなりますね」

優希「初めてとは思えないプレイングだったが私を倒すには早かったようだな!」

咲「負けちゃったかあ、でも楽しかった」

和「そう思っていただけたならなによりです。プレイングなんかはやって身に着けていけばいいだけですからね」

咲「うん、私もっとやってみたくなっちゃった。詳しく知りたいからもっといろいろ教えてもらっていいかな」

和「もちろんです。まず今日の反省点は、思考囲いでハンドに福音者があるのはわかっていたのでそれを考えてフェアリートークンはブロッカーに残しておくべきでしたね。そうしたら次のターンにソリンを出してライフリンクを付けて殴っていって勝ちでした」

優希「大会では見た相手の手札をメモする人もいるじぇ」

咲「なるほど。難しいね」

和「自分の動きだけでなく、相手の動きも考えて動くようにするといいと思います」

優希「まあ相手のデッキに入ってるカードを予想する必要もあるからそこはやってくしかないな」

咲「じゃあこれからいっぱい勉強しないと」

和「ええ。では、そのためにも自分のデッキを作ってみてはいかがでしょうか」

咲「私の……デッキ?」

つづく

次回予告
MTGの沼に足を踏み入れてしまった咲
深い深い沼に沈んでいく中で、彼女が作るデッキとは
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。